デザイン学部 造形デザイン学科

時代を捉える感性と知性で、
社会が求めるデザイナー・造形スペシャリストに。

本学科では、2年次にビジュアルデザイン領域か造形デザイン領域を選択し、領域ごとに多様な専門科目が学べる体制を作っています。

素材の知識や技法の修得にとどまらず、デザインや造形を通してどう社会と関わっていくかまで企画提案するデザイン力やコミュニケーション力などを育んでゆきます。デザインの専門性に優れた教員のもと、インターンシップ、社会で活躍するデザイナー・作家によるレクチャーやワークショップ、学外イベント・コンペ応募なども取り入れ、実社会を経験する機会を多く設けることで、社会で通用する力を有するデザイナー・造形のスペシャリストを育成しています。

  • ビジュアルデザイン領域イメージ
  • ビジュアルデザイン領域
  • グラフィック、写真、映像、CG、Webなど、さまざまな分野を組み合わせたトータルなビジュアルデザインを学ぶとともに、ビジネス展開に向けた企画提案とコミュニケーションデザインに関する研究を行います。
  • 造形デザイン領域イメージ
  • 造形デザイン領域
  • 木工・陶磁・染織・印刷などの技術に、時代の発想や芸術的視点を取り入れ独自性のあるものづくりに挑むとともに、立体・空間・メディアを駆使し生活文化に寄与するプロジェクトの企画提案に関して学んでゆきます。

卒業後の進路

  • 大学院進学
  • グラフィックデザイナー
  • アートディレクター
  • 映像ディレクター
  • プランナー
  • ゲームデザイナー
  • CGデザイナー
  • Webデザイナー
  • 映像クリエーター
    (アニメ、写真、CG、動画)
  • セラミックデザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • 玩具・文具デザイナー
  • アーティスト(自営)
  • イベントプロデューサー
  • NPOなど社会貢献活動メンバー など

研究発表

  • 塊の森
  • 塊の森
  • ビジュアルデザイン領域蔵永 奈津実さん
  • 生物や植物の集合体や、それを用いた表現について、その魅力や造形の面白さについて研究し、イラストレーション(公共空間の移動通路のためのウォールアート)で表現した。また、イラストに時間軸を取り入れることで作品に流れが生じ、より効果的に受け手に伝わる表現が出来るのではないかと考えた。
  • かにきゅんの大冒険
  • かにきゅんの大冒険
  • 造形デザイン領域北井 菜月さん
  • 幼い頃から大好きだった絵本と、タイル状のやきものを組み合わせたいと思ったことが本研究のはじまりである。本研究では、新たに興味を持った「文字のない絵本」を取り上げ、その表現の特徴を考察すると同時に、やきもので表現することで新たな物語の楽しみ方を創造することを目的とした。
  • 短編啓発諷刺アニメーション「CARICATURE of JAPAN」
  • 短編啓発諷刺アニメーション「CARICATURE of JAPAN」
  • ビジュアルデザイン領域野村 慎太郎さん
  • 諷刺を用いた啓発コンテンツは話題を呼びやすい反面、誤解や混乱を与える危険性がある。これまで諷刺作家や啓発者が誤解や混乱を避けるために用いてきた手法を調査し、諷刺対象の明確化、リテラシーの共有が重要であるとわかった。これらを踏まえて諷刺を用いた啓発コンテンツ(アニメーション)を制作した。
  • 見えない境界
  • 見えない境界
  • 造形デザイン領域松川 実生さん
  • 見えないものを意識すること、すなわち何かを感じとろうとする行為には、人間一人ひとりの考えや感情が宿ると感じた。今まで何もなかった場所に人の感情が加わることで新たな価値が生まれる。そこで、見えない神様や人それぞれの見えない存在を感じ取る空間表現を研究することにした。

学科長からのメッセージ

変動する社会で、デザインで何ができるか。
一緒に考えていきましょう。

今、世界は刻々と変動し、クリエイティブな対応が求められています。社会とともにあるデザインも変容し続けています。

過去を振り返ると、そこにはデザインが散りばめられており、その時々の社会のニーズや人々の感性が反映されています。過去・今・そして未来を創造的につなぎ、自然・人・社会を客観的に見つめ多様な情報を集め分析するcoolな眼、解決に向け企画提案するうえで必要なwarmな寛容さ、そして、造形の可能性を追求し新しい表現をどう人に伝えていくかを探るhotな気持ちを育みながら、デザインで何ができるかを一緒に考えていきましょう。

造形デザイン学科 学科長 教授難波 久美子

ページTOP