デザイン学部 デザイン工学科 授業紹介

  • 製品・情報デザイン領域演習5イメージ
  • プロダクトデザインのプロセスとソリューションのためのスキルを総合的に学びます。テーマは日常的なものから課題解決型のものまで輻広く取り組み、アイデア発想法から3Dモデリングまで一貫したプロセスを習得します。
  • 建築設計演習6イメージ
  • 課題の計画と設計を通して、人と社会、人と環境、人と物の関係を建築空間に翻訳します。設計に際しては、建築デザイン行為の前提となる空間形式と内容について理解を深めながら、空間構成の手法を理解します。
立体物や空間をデザインするための基礎的な技能の習得を目指します。スチレンボードやスタイロフォームなどの基本的な材料を活用したモデリング技術、立体物や空間のモデリングの理解及びそれらのスケール感覚を習得します。
機器操作のインタラクションから、マニュアルの作成や情報機器のデザインまでを包括する機器とインタラクションの総合デザインまでを行います。
日本建築史
建築における構造、様式、技法の歴史的展開を学び、そこに蓄積された建築的な知恵を理解します。この学修を通じ、歴史的な建築と環境を正しく評価し活かせる能力を養うことを目指します。
建築材料演習
建築に用いられる構造材料および仕上げ材料に必要な性能について講義するとともに、実際の材料に触れながら、その形状や作り方、強度などの性能を調べる演習科目です。

主なカリキュラム

  • 学部基礎教育科目
  • 学科専門教育科目
  • 領域専門教育科目(製品・情報デザイン領域)
  • 領域専門教育科目(建築・都市デザイン領域)
  • ※シラバスにリンクしていない授業は次年度以降開講科目です。
    複数項目の科目は数字の若い方の科目へリンクします。
1年次
デザイン史
デザイン史特論Ⅰ・Ⅱ
色彩学
日本デザイン論
情報処理論Ⅰ・Ⅱ
造形文化論Ⅰ
キャリアゼミナール
モデリング技能1・2・3・4
DTP演習
デザインドローイングⅠ・Ⅱ
製図
フォルムデザイン
スペースデザイン
エディトリアルデザイン
2年次
造形文化論Ⅱ
マーケティング
造形材料論Ⅰ・Ⅱ
プロダクトデザイン論
建築デザイン論
インタラクティブデザイン論Ⅰ・Ⅱ
エルゴノミクス
色彩計画演習
デザイナーのための心理学
地域とデザイン
図学
写真演習
情報デザイン論
デザインプランニング
映像デザイン
家具設計
エルゴノミクス演習
タイポグラフィ
製品・情報デザイン領域演習1・2・3・4
CAD演習Ⅰ・Ⅱ(製品・情報)
製品工作論
インフォメーショングラフィックス
近現代建築論
都市計画
建築計画論
建築設計演習1・2・3・4
環境原論
構造力学Ⅰ
建築一般構造
CAD演習Ⅰ・Ⅱ(建築・都市)
建築材料概論
建築法規Ⅰ
3年次
アートプロデュース論Ⅰ・Ⅱ
デザインマネジメント
デザイナーのための文章表現
デザインプロジェクト演習
専門英語Ⅰ・Ⅱ
照明デザイン
空間デザイン論
まちづくり論
知的財産権Ⅰ・Ⅱ
特別講義
ユーザインタフェース
サウンドデザイン
デザイン分析
インタラクティブデザイン演習Ⅰ・Ⅱ
製品・情報デザイン領域演習5・6・7・8
製品・情報デザインインターンシップ
製品・情報デザインゼミナールⅠ・Ⅱ
製品機構学
景観デザイン論
都市環境調査
日本建築史
建築設計演習5・6・7・8
建築材料演習
建築・都市デザインインターンシップ
建築・都市デザインゼミナール
西洋建築史
施設計画論
福祉計画論
構造力学Ⅱ
建築構法
建築構造計画
建築設備概論
建築生産
建築法規Ⅱ
4年次
卒業研究
 
ページTOP