デザイン学研究科 デザイン工学専攻[大学院]

デザインで社会に貢献する人材を育成

デザイン学研究科では、分析と理論の構築により先進デザインを創出するデザイン工学の分野と、独創的で造形性豊かなデザインを発信する造形デザイン学の2専攻を開設しています。

創造性に富み、多様化したデザイン環境に対応する高度な専門知識・能力・技術と総合的な視野を備えたデザイナー及び研究者を育成します。

  • 製品・情報デザイン学領域イメージ
  • 製品・情報デザイン学領域
  • 工業製品、日用品など製品を対象として、技術と感性の調和を図り、同時にヒトと製品のスムーズな協働(インタラクション)のためにユーザインタフェースなど情報を整理し、豊かな生活を創造する製品の実践的、総合的な教育研究に取り組みます。
  • 建築・都市デザイン学領域イメージ
  • 建築・都市デザイン学領域
  • 体系的・総合的な建築教育と共に各分野を深く探究する先進的な研究活動を行います。人間生活の根幹となる建築空間を基軸にして、街づくり、都市や地域環境など広範囲な空間領域を対象として、人と環境の調和を目指した高度な教育研究に取り組みます。

研究紹介

  • 体温計
  • 体温計
  • 平成28年度デザインパテントコンテスト
  • 優秀賞(大学部門)
    角川 夕依さん(デザイン工学科)
  • 空を見上げる
  • 空を見上げる
  • 住空間ecoデザインコンペティション
    -Real Size Thinking-
  • 審査員特別賞(芦澤先生賞)
    瀬尾 晃二さん(デザイン工学専攻:修士課程)
ページTOP